肥満治療薬とは
水を飲む女性

肥満を治すためには様々な方法があります、体重を落として健康的な体になりましょう

肥満治療薬の種類と作用について

肥満の解消といえばダイエットが即座に思い浮かびますが、実は、病院やクリニックにも肥満外来があり、肥満症治療を受けることができます。
食事や運動などの生活指導のほかに、肥満治療薬を使って効果を出していきます。
しかし、中度以上の肥満で運動療法が行えない場合は、初期段階で治療薬を用いて体重を減少させる方法が用いられています。
この方法で効果を出してモチベーションを高め、その後食事療法を併用していきます。
肥満治療薬のみに頼ってしまうと、服用の中止とともにリバウンドを起こし、ある一定以上の体重の減少は見込めませんが、メンタル面のフォローや食事療法を用いる事で、確実に効果を出していくことが可能になっています。
肥満治療薬は抗肥満薬とも言われ、いろいろな種類がありますが、大きく分けると摂取エネルギーを抑える作用のある薬と、消費エネルギーを増加させる作用のある薬に分けられます。
摂取エネルギーを抑える種類の薬として、食欲抑制剤や消化吸収阻害剤があげられます。
食欲抑制剤は、文字通り、食欲を抑制する作用のある薬です。
摂食中枢に働きかけることで食欲をなくし、食事の量が減ることで体重を減少させていきます。
消化吸収阻害剤は、腸内での脂肪の吸収を抑える薬です。
この薬を服用すると、低脂肪の食事を摂取したのと同じことになります。
消費エネルギーを増加させる種類の薬としては、熱産生促進剤があげられます。
脂肪細胞のアドレナリン受容体を刺激して、脂肪の分解や熱の生産性を向上させていきます。
そのほか、病院によっては、漢方薬を用いて体の状態を改善させたり、サプリメントを処方したりするところもあります。
また、新陳代謝を促進する効果のある点滴を行ったりすることもあります。