肥満治療薬とは

水を飲む女性

肥満を治すためには様々な方法があります、体重を落として健康的な体になりましょう

食べた事を無かったことに出来る

TVを見ている様子

「ゼニカル」は、 2012年6月20日に放送された「ホンマでっかTV」の中で、「食べたことをなかったことにする薬がある」として美肌評論家の森千恵子先生により紹介された肥満治療薬です。
肥満治療薬の一種である「ゼニカル」は、日本において合法的に(医師による処方あるいは個人輸入できる)入手できる医薬品で、その中で唯一中枢神経系に作用しない肥満治療薬です。

ロシュからは「ゼニカル」、グラクソ・スミスクラインからは「アライまたはアリ」の商品名で販売されています。
これらは、オーリスタットという成分で作られた医薬品ですが、脂肪を消化する酵素、リパーゼが不活性になることにより食べ物に含まれる脂肪は、脂肪酸やモノグリセリドに分解されないため、腸で吸収されにくくなり余分な脂肪30%を吸収せずに体外へ排出します。
脂肪が多い食事を好む方には、魅力的な商品です。

また安価で手に入る「オルリガル」は、ダイエットの定番商品ロシュ社「ゼニカル」のジェネリック製品です。
製造元が違うだけで、成分や効果はほぼ同じですが、「ゼニカル」に比べて、作用が緩やかであるという口コミが聞かれました。

「ゼニカル」と「オルリガル」は、摂取した油分をカットするため、糖尿病や高血圧症などの予防にも効果を発揮します。
ただし、副作用として、余分な脂を出してしまうので、脂質に溶けて吸収される脂溶性栄養素(ベータカロチンやビタミンA・D・E・K)が溶け込んだ脂質も排泄されてしまうため、不足しないように補う必要があります。

今話題になっているオメガ3系脂肪酸やオメガ6系脂肪酸も、不足しては困ります。
それら、脂溶性の栄養素は、サプリメントなどで摂取する必要が出てきます。

▼むくみを取るのにこの薬もオススメ
ラシックスでむくみ改善